賃貸物件・・・下見の段階でここまでできる!快適・不快の予測いろいろ

賃貸物件・・・下見の段階でここまでできる!快適・不快の予測いろいろ
賃貸物件・・・下見の段階でここまでできる!快適・不快の予測いろいろ

住宅を探す

昨今は住宅に対する概念にも変化が見られます。
一生生活する住宅と言えば、一戸建て住宅を指していましたが、現在ではマンションも同格に捉えられています。
さらに分譲住宅だけでなく、一生賃貸住宅での生活を考えている方も増えています。
購入するとそれなりにランニングコストが発生し、なおかつ資産である住宅には経年変化が加わります。
住宅に対する経年変化は、消耗・劣化があり、これらの要素によって、市場価値は必ず下落していきます。
住宅という資産はその価値がこのように流動的な性質を持っているため、分譲住宅に魅力を感じる方も減っていっています。
とはいっても、分譲住宅であっても賃貸住宅であっても、探す際は同等の苦労を要します。
では賃貸住宅を探す際、どのような条件がポイントとなり得るでしょうか。
1つは、住宅を探す前に、必須条件を設定しておくことです。

住宅は見学をすると、その住宅が選択肢の基準となってしまいます。
そのため条件を後付けにしてしまうケースが多いです。

またグレードの高い住宅を見学してしまうと、どうしても魅力だけに圧倒されます。
そのため必須条件を譲歩してしまう可能性が非常に高いです。

見学の際は、住宅だけにとらわれがちとなるからです。

特に賃貸住宅では、最新の設備が設置されている物件が多いため、要注意と言えます。
では、必須条件とはどのようなものでしょうか。
これは人によってさまざまです。

例えば男性で単身者の場合は、利便性が一番重要な条件となりやすいです。

ですが女性や、小さな子どもがいる場合は、治安を一番の条件に設けるでしょう。
また他には地域の自然環境や、商業施設までの近さといった条件が想定されます。
そこで重要なのは、上記にある利便性と治安の条件を、それぞれどこまで譲歩できるかという点です。

利便性が高くて、治安が良い地域というのは多くの方にとってベストと言える条件です。

ですがこのような条件の地域は極めて少ないです。

なぜなら利便性が高いという地域は、さまざまな人が行き交う地域でもあるからです。

特に鉄道の駅など周辺は利便性が高いですが、同時に治安では不安があります。
駅という場所は、不特定多数の人が行き交う場所で、駅周辺にはさまざまな商業施設があります。
その結果、利便性は高いが治安は不安という地域になります。
この2つの条件を満たしている地域を探すのは難しく、かつ賃料が高額な地域となります。
そのため妥協点を想定しておくことが重要です。

ある程度の治安の不安であれば問題ないと考えるのか、利便性を妥協するのかはしっかりと検討する必要があります。

Copyright (C)2014賃貸物件・・・下見の段階でここまでできる!快適・不快の予測いろいろ.All rights reserved.